ZenFone Max M2には物理ボタンがない!

ZenFone Max M2のスクリーンには、物理ボタンがないオールスクリーンデザインになっているので、動画やゲームを思う存分画面いっぱいに楽しむことができます。画面上部には、ノッチがあります。ノッチのないデザインもありますが、ZenFone Max M2は黒くシンプルなデザインとなっています。機種によっては、ノッチ部分がもっと大きかったり広いデザインのものもありますが、画面占有率でみると十分な大きさと言えますね。最初は、物理ボタンがないデザインは使うと慣れないこともあると思います。でも慣れてしまえば、操作しやすいですし指紋センサーも背面についているので人差し指のあたりにくるようになっていて使いやすいです。全体的に格安スマホとは思えない高級感のあるデザインに仕上がっており、満足のいくスペックだと言えますね。画像も綺麗なので、YouTubeなどをみることが多い方にもおすすめです。気になる方は、店頭で試してみてください。

HUAWEI P30 liteはゲームも快適!

スマホでゲームを楽しみたい!という方は、スペックが気にになると思います。今回は、スマホの性能が顕著に表れる「PIBG」ゲームをした時の動作についてみていきましょう。実際にプレイしてみても、開始前のロビーで若干カクつくことはあっても、プレイ中はサクサク動き快適に動作していました。ゲーム中に止まったりすると、ストレスですがHUAWEI P30 liteならそういったことはないので、快適に楽しむことができます。一時間ほど続けてプレイしても、発熱するようなこともなかったので十分楽しめるスペックだと言えますね。他にも「ポケモンGO」でも問題なくプレイできましたし、ジャイロセンサーも搭載しているので、ARモードでのポケモンGETが可能になっています。よくスマホでポケモンGOをされる方は、こうした機能もしっかり確認しておくと安心ですね。やっぱりサクサク動くかどうかはとても重要です。普段からゲームをされる方は、是非チェックしておきましょう。

arrows Be3には気の利いた機能が充実!

ネットで検索していて「これ、なんて読むの?」という漢字をみかけたことはありませんか?検索する時に読めない漢字を調べるのって意外と面倒ですよね。そんな時に便利なのが、arrows Be3の重ねて書ける手書き入力機能です。調べたい漢字を指でなぞって入力すると、AI機能により手書き文字を正しく読み取ってくれる機能です。文字の種類は気にせず入力できるので、調べたいと思った時にいつでもすばやく手書き入力することが可能です。また重ねて書いても、AIが一文字一文字正しく認識してくれるので安心です。他にも、雑誌や本をみていて細かい文字が出てきて読みにくいなと感じた時に、スマホをかざすだけで文字が大きく見える拡大鏡としての使い方も可能です。辞典などで言葉の意味を調べることが多く、小さい文字が読みにくくなってきたという方にもこの拡大鏡の使い方はとてもおすすめです。スマホの画面が拡大鏡になるなんてとっても便利ですね。

AQUOS R3なら重たいゲームも快適に!

普段からゲームをしている方は、アプリを起動してゲームを開始するまでの時間が気になる方も多いと思います。実際にゲームのアプリボタンを押してから、10秒ほどかかっていたという方もいます。今回、AQUOS R3に変えてから起動時間が気にならなくなったという声が沢山上がっています。例えば、今までのスマホではアプリを開いてゲームを開始するのに10秒ほどかかっていたのに、R3に変えてからは3秒ほどで戦闘開始できる、ストレスなくゲームを楽しめるというように、レスポンスが非常に早くなっている点が魅力です。やっぱりゲームをしたい!と思った時にすぐに起動できるかどうかは、ゲーム好きの方には、重要なポイントと言えますね。ローディングに時間をかけたくない方、とにかく早く反応してくれるスマホをお探しの方、是非検討してみてください。購入前に一度、操作のしやすさを試してみるといいですね。新しく買い替えを検討されている皆さん、是非参考にしてみてください。

中華スマホの「技適マーク」の意味

“HUAWEI(ファーウェイ)のスマートフォンなど、外国製のスマートフォンを選ぶ際は、「技適マーク」を参考にしたほうが良いと言われています。
ですが、一般の人たちにとって技適マークは何を意味するのか・・・、こちらがわからないため、あえて外国製のスマートフォンを購入しないとしている人もいます。技適マークについてですが、こちらは技術基準適合認定と呼ばれるもので、要するに、国の技術基準に適合している場合は確認できるマークのことなのです。
技適マークの存在を考慮すると、技術基準適合認定がされていないスマートフォンも存在する・・・ことに気づけます。ちなみに、個人的に技適マークの確認が難しいと感じる場合は、国内正規販売店で正規品を購入するようにしましょう。
技適マークの問題は、個人的に販売されているスマートフォンに多いため、安全なスマートフォンの購入は、国内正規販売店経由が理想となりますし、トラブルを未然に防ぐこともできます。”

ソフトバンクから「AQUOS R3」登場 下り最大988Mbpsの通信に対応

ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS R3」を5月下旬以降に発売します。それに先駆けて、5月17日からソフトバンク取扱店とWebサイトで販売予約を受け付けるということです。AQUOS R3は、5月8日にシャープが発表されたもののソフトバンク版。AXGP(SoftBank 4G)と3.5GHz帯TD-LTEとの5波キャリアアグリゲーション(CA)に対応するエリアでは下り最大988Mbps、上り最大26Mbpsで通信できます(SoftBank 4G LTEエリアでは下り最大968Mbps、上り最大37.5Mbps)。ボディーカラーは「プレミアムブラック」「プラチナホワイト」「エレガントグリーン」の3色を用意します。エレガントグリプロセッサはQualcommの「Snapdragon 855」を搭載。メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備えるということです。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。ーンはソフトバンク限定色です。

“「Xperia 1」がソフトバンクに上陸 日本仕様のハードウェアに海外仕様の外観 “

ソフトバンクは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia 1」を6月中旬以降に発売します。それに先駆けて、5月17日からソフトバンク取扱店とWebサイトで販売予約を受け付けるということです。Xperia 1は、2月25日(中央ヨーロッパ時間)に発表された「Xperia 1」のソフトバンク版。AXGP(SoftBank 4G)と3.5GHz帯TD-LTEとの5波キャリアアグリゲーション(CA)に対応するエリアでは下り最大988Mbps、上り最大26Mbpsで通信できます(SoftBank 4G LTEエリアでは下り最大968Mbps、上り最大37.5Mbps)。日本向けのカスタマイズとしておサイフケータイ(FeliCa)とテレビ受信機能(フルセグ、ワンセグ)を搭載していますが、ソフトバンク版では海外モデルとほぼ同等の外観を保っています。ボディーカラーはパープル、ホワイト、ブラックの3色で、海外モデルにあるグレーは用意していません。スマホカメラ

CMでもよく見る?「Xperia XZ3」とは?

テレビCMでもよくみかける「Xperia XZ3」の機能について詳しくみていきます。XZ3は、とにかくパフォーマンスに優れた機種です。「観る」「聴く」「感じる」に焦点をあて、感覚を揺さぶる新しいエンターテイメントを体験することができます。ダンスをされる方、音楽を聴きながらスポーツをされる方、雨の日でも快適に使えるXZ3はまさにこうした方におすすめです。映画をみたり、ミュージックビデを美しい映像でみることができるのはもちろん、フロントステレオスピーカーがついているので大迫力のサウンドを楽しめます。ダンスをしている方は、音楽に合わせて練習をしたい時もありますよね。そんな時にもXZ3は大活躍です。また動画の音やゲームのアクションに合わせてXZ3が振動するので、まるでその場にいるような臨場感を楽しむことができます。ライブ映像ならその熱気を感じながら楽しめるのも魅力です。かつてないダイナミックなバイブレーションシステムを楽しんでみてはいかがでしょうか?

バッテリー残量を気にする必要なし。太陽光充電ができるシンプルなスマートウォッチ「LunaR」

スマートウォッチは、通常の腕時計に比べバッテリーの消費量が大きいです。そのため、充電式タイプならば定期的な充電が必要になるのです。この充電という作業が意外と面倒だ。その「充電」という作業から解放してくれるスマートウォッチが「LunaR」です。LunaRは、太陽光充電が行えるスマートウォッチ。身に付けているだけで周囲の光で充電してくれるため、わざわざ充電をする必要がなく、充電パネルは盤面にセットされています。盤面はアナログタイプとなっていて、表示に関してはシンプルです。しかし、スマホと連携することで各種アプリの通知を受け取ることが可能となっているのです。また、アラームや活動量計、睡眠モニタなど、スマートウォッチとしての基本的な機能を有しています。GPSは搭載されていませんが、スマホの位置情報を取得することが可能です。本体は5気圧防水となっていて、水泳などにも利用可能です。価格は2万9800円となっています。

安定性重視で選ばれている「HUAWEI Mate 20 lite」

“他とは違ったミドルレンジモデルのスマートフォンを探している人には、HUAWEI Mate 20 liteがオススメです。
HUAWEI Mate 20 liteは、HUAWEIシリーズの2018年フラッグシップモデルという位置づけなのですが、以下のような安定したスペックを誇りますので、多くの人から選ばれているスマートフォンなのです。HUAWEI Mate 20 liteの主なスペックは、本体サイズが158.3×75.3×7.6mm、そして質量は172gとなっているため、ミドルレンジモデルにしては珍しく、少しだけ大きく質量もあるスマートフォンとなります。
ですが、SoCはHUAWEI Kirin 710、OSはAndroid 8.1(Oreo)、そして容量についてもストレージ(ROM)64GB、メモリ(RAM)4GBとなっておりますので、一般的なスマートフォンの利用で、サクサクと動くスペックであることは確かです。しかもHUAWEI Mate 20 liteのカメラは、アウトカメラ、インカメラともに、2Mピクセル被写界深度測定用カメラとなっています。”